FX 入門で逆張り

FX 入門をするなら、色々な取引手法を把握しておきたいところです。そして、FX 入門として覚えておきたいのが逆張りという手法です。これは順張りという手法の逆でもあり、難易度の高い取引方法でもあります。

逆張りというのは、相場を読む力がとても必要です。逆張りというのは、相場が反転する時期を読み、相場が反転する直前にポジションを持つというものです。つまり、買いで攻めたい場合には、相場が下がっている状況から買いを入れていくことになります。相場を読み違えると、どんどん損失が広がっていきますし、買いを入れるタイミングが早すぎれば、利益にならないことも珍しくありません。

逆張りで大きな成績を残した投資家には、世界クラスで有名な投資家もいて、このことからも素人が簡単に使えるような手法ではないこともわかります。初心者は、無謀な逆張りをやってしまいやすいので、逆張りは難しい手法だということを頭に入れた上で、投資をしていきたいものです。また、逆張りには相場の流れを止めてしまう要素が含まれているといわれていて、大きなトレンドを前に、初動で逆張りを仕掛けられてしまうと、思うように相場が伸びていかないということもあるのです。