FX 入門と基軸通貨

FX 入門として基軸通貨を覚えておくとよいでしょう。現在、世界の基軸通貨として機能しているのはドルだといえます。以前は、イギリスのポンドが基軸通貨といわれていましたが、ポンドに代わり、ドルが基軸通貨としての存在感を見せつけています。

当然、基軸通貨は為替取引の基準となってくる通貨なので、FX 入門としてこの部分は把握しておきたいところです。全ての取引に関連するのがドルの存在なので、為替取引をするなら、ドルが直接絡む取引をメインにするのがおすすめです。ドルの動向を読めるようにならなければ、為替相場で勝ち残っていくのは難しいといえますので、ドルの取引には力を入れましょう。

また、ドルは基軸通貨なのですが、それだけを把握しておけばよいというわけではありません。FXの世界では、円やポンドも主要通貨として考えられていて、ドルを含め、これらの通貨は常に観察しておく必要があるでしょう。主要通貨の特徴は、流動性が高く、価格に安定性があるというものです。そのため、その他の通貨に比べると、大きく利益を得られにくいですし、大きな損失になってしまう可能性も低いです。安定した取引を目指すなら、ドルや円、ポンドがよいでしょう。